2014年07月18日

保証するとは

さて、ひとこと。

最近はあまり耳にしませんが、他人を推薦するとき「この方はマジメです。私が保証します!」のような言い方をします。
このときの「保証します」は、「太鼓判を押します」に近い意味です。

法律でいう「保証」とは、ある人の債務を同じ条件で負うことをいいます。
たとえば、XさんがAさんに100万円を貸します(100万円の借金)。
Bさんがこの借金を「保証する」と、XさんはBさんへも100万円を返すよう求めることができます。
このとき、Bさんは、「保証人なんだから半分だけ返します」などとは言えません。
Xさんにとってみれば、Aさんが100万円を返してくれなくても、Bさんから返してもらうこともでき、有利な貸付になります。

少し話の角度を変えます。
これまで、中小企業が銀行から融資を受ける際、経営者の個人保証を求められていました。
つまり、会社が銀行から融資を受ける際、社長さんが保証人になるのです。
いち個人が会社を保証するなんて違和感がありますが、従来よくみられました。
銀行にしてみれば、会社が倒産しても社長さんの個人資産(不動産や預貯金)から貸付金を回収でき、有利な貸付になります。

規模によりますが、会社が倒産すると、負債が数千万円残ることもあります。いくら会社の社長さんだといっても、一度に数千万円の借金を返すことはできません。
やむなく、会社と一緒に社長さん個人も破産するケースが多いです。そのため一度倒産した会社の社長さんは、生計の立て直しが非常に困難でした。

近時、このような経営者等による個人保証を見直す流れになっています。
個人保証を前提として会社へ融資することや、会社が倒産したあとの個人保証の扱いについて、国が問題視しているのです。

お金を貸す側、借りる側、どちらにとっても転換期が訪れているといえるでしょう。

今回はマジメなお話でした。
posted by しんたろう at 00:00| 日記