2014年08月27日

金魚すくい選手権大会

さて、ひとこと。

もう8月もおわりです。
学校関係はそろそろ2学期に入るのでしょうか。

残暑まっただ中の先日、「全国金魚すくい選手権大会」(於・奈良県大和郡山市)に参加してきました。

奈良県大和郡山市には金魚の養殖池がたくさんあり、金魚すくいのメッカとして有名です。
同市で開催される金魚すくい大会には、縁あって何度か参加させていただいております。

★大会の概要★
http://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/kankou/event/kchamp/003597.html
※私も写っています

大会には全国から名だたる強豪が集まり、夏の暑さに負けない熱戦が繰り広げられます。
私はというと・・・、今年は過去最低匹数まで記録を下げてしまい、残念な結果に終わりました。

大会に向けて練習したいのですが、「金魚すくいセンター」なんてあるはずもなく、例年イメージトレーニング?をして臨んでいます。
(下手な言い訳です)

当日は大会と平行していろいろな催しも開かれ、競技以外にも楽しい一日を過ごせます。

みなさんも是非参加してみませんか?



posted by しんたろう at 00:00| 日記

2014年08月18日

ケヤキ並木

さて、ひとこと。

法律の話が続きましたので、角度を変えて。

事務所から少し南に、多賀の方から琵琶湖へ向かって流れている「芹川」という川があります。
一級河川に分類される大きめな川です。

芹川の川べりにはケヤキの木がたくさん植えられ、美しいケヤキ並木になっています。
視覚的な良さもさることながら、川べりを通ると、木陰がとても気持ち良いです。

ただし、琵琶湖の方をみて、左岸と右岸で川べりの事情が異なります。
左岸には遊歩道がありますが、右岸にはありません。
右岸は交通量が多く、散策等には左岸がおすすめです。

芹川は、ケヤキの他にサクラも立ち並んでいます。
春にはお花見散歩もできます。
彦根城周辺のお花見も良いですが、芹川のお花見も風流です。

彦根観光はお城周辺が注目されがちですが、他にも見所満載です。
芹川などの自然も楽しんでみてください。
posted by しんたろう at 00:00| 日記

2014年08月16日

養育費と再婚

さて、ひとこと。

離婚のご相談で、よく尋ねられる内容です。

Aさん(35歳、女性)
「夫とは5年前に離婚しました。子どもが一人おり、私が親権者になって引き取りました。養育費として月額3万円を元夫からもらっています。このたび、私or元夫が再婚することになりました。養育費は変わらずもらえますか?」

一度決めた養育費であっても、後の事情の変更によって、増減させることは可能です。
たとえば、養育費を支払う者が、突然リストラに遭い無職になった場合などです。

Aさんのケースではどうでしょう。
二通りに分けて、ざっくりした考え方をお話します。
前提として、離婚しても、その後再婚しても、元夫と子どもとの親子関係は消えません。扶養義務も残り続けます。

(1)元夫が再婚する場合
元夫は再婚によって養う家族が増えます。収入が変わらなくても支出が増え、養育費減額を求める事情の変更があるようにみえます。
ただし、先ほど挙げたリストラ事例と異なり、再婚は元夫の意思による事情変更です。
元妻にしてみれば、「わかってて再婚したんやろ!?」ということになります(言い方は悪いですが)。
このあたりを考慮して、減額の可否が判断されます。(私の見解は、減額が認められてもわずかだと思います。)

(2)元妻が再婚する場合
元妻の再婚後、子どもは新しい父親の扶養を受けることになります(再婚とともに、養子縁組する場合が多いです)。
元夫の立場からみれば、子どもは二重扶養状態になっています。
新しい父親による養育扶養状況を考慮して、元夫の養育費支払額を減額することは可能だと考えます。

いずれの場合も、勝手に養育費を切り下げてはいけません。
当人同士もしくは家庭裁判所できちんと話し合いましょう。

余談ですが、こういったお話をさせていただくと、「元奥さんには、早く裕福な男性と再婚してもらいたいです。だって、みんな幸せになれるでしょ?」と仰る方がおられます。

言わんとすることは分かりますが、何ともはや。
posted by しんたろう at 00:00| 日記