2015年01月08日

プレゼント

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

前回の更新は10月で、その間に年末年始が過ぎました。
クリスマスやお正月も終わってしまったということで、ひとこと。

クリスマスにはプレゼントがつきものです。
「プレゼント」という言葉は、今や立派なカタカナ語になっていますが、英語では「present」と綴ります。

「present」には「贈り物」のイメージが強いですが、ほかの意味もあります。
そのため、学生時代に、注意するよう教えらました。

単語の前半「pre」には、「前に」といった意味があります。プレオープンなどの「プレ」です。

単語の後半「sent」は、「送る」という動詞「send」の過去形と同じです。今ならメールでおなじみの単語でしょうか。

ですから、「present」には、「前に(送り)出す」というイメージがあります。
情景としては、背中に隠したプレゼントを、目の前の人物に差し出す、といった感じです。

このイメージをもとに、現在、出席、贈り物、提出する、などの意味を覚えました。

「現在」は、時間が順に前へ送り出されて今がある、というイメージです。
「出席」は、家から学校(授業)へ出る、というイメージです。
「贈り物」や「提出」も同じように、隠れたところから表へ出る、というイメージです。

いつのまにか英語の講釈になってしまいましたが、「present」には他にも、「告訴する」という意味があります。
隠れていた犯人を警察に突き出すイメージでしょうか。

間違いやすいのですが、「告訴」は被害者などが捜査機関へ犯人の訴追を求めることで、「告発」は第三者が捜査機関へ犯人の訴追を求めることです。

さいごは何とか法律の話で締めくくることができました。
なお、以上の英語の講釈はあくまで受験上の便宜であり、実際の言語解釈とは一致するとは限りません。ご了承ください。




posted by しんたろう at 00:00| 日記