2014年08月14日

ミナミの帝王と未成年

さて、ひとこと。

昼食時に見た!シリーズを。

昼食をとっていた喫茶店に、「ミナミの帝王」というマンガが置いてありました。
※ミナミの帝王がどんなマンガなのかは省略します。

その中にこんな話がありました。

未成年のAは、消費者金融から借金を重ね、豪遊します。そしていざ返済日になると、「俺は未成年や。金を借りた契約は取り消す!」と宣言し、借金を踏み倒します。
しかし、ミナミの帝王(金貸し屋)は、「おまえは金を借りるとき、成人していると嘘をついたやろ。取り消せへんぞ!」と反論します。

民法の勉強になる点が3つ。

1つめ
未成年者は法定代理人(親など)の同意なく行った法律行為を取り消すことができます。つまり、Aは親の同意を得ていない限り、借金の契約を取り消せます。

2つめ
契約を取り消すと、契約の効果はじめから無かったことになります。そして、借りたお金を元通りに返さなければなりません。ただし、未成年取消しの場合、「現存利益」といって残っているお金だけ返せば済みます。Aは豪遊し、すっからかんになっていました。現存利益がなく、お金を返す必要がありません。

3つめ
以上のような場合でも、未成年者が、自分を成人であるかのように信じさせて法律行為をした場合(「詐術・さじゅつ」を用いたといいます)、取消すことはできません。

こうして、借金をして踏み倒してやる!というAの目論見ははずれてしまいます。

最近、実社会では、スマホや携帯ゲーム機でのゲーム内課金がにおいて、未成年者による詐術が問題になっています。

posted by しんたろう at 00:00| 日記